房子 by 竹内裕矢設計店

和洋の要素を効果的に取り入れたほっと落ち着くコートハウス

Michi Koba Michi Koba
Loading admin actions …

和と洋、どちらの要素も適度に取り入れて完成したのが今回ご紹介する竹内裕矢設計店によるコートハウス。シンプルでモダン、かつ左官壁や障子など柔らかな和の要素でぬくもりの感じられる心地の良い空間が広がっています。家族全員がほっと落ち着け、ゆったりとした時間を過ごせる、そんな印象を与える住まいです。

モダンかつぬくもりの感じられる外観

敷地は長野県松本市の住宅地にあります。周辺には緑が残り、美しい景色の広がる場所です。「四角い家にしたい!」というクライアントの要望から始まったというこちらの住まい。その要望を叶えたシンプルな箱を組み合わせたような外観となっています。モダンなボックス型ではありますが、左官壁と板張りで和の落ち着いた要素が加わることで温かみのある柔らかな表情を見せています。

​光が溢れだす夕景

こちらは夕景です。壁、天井が板張りとなっている玄関ポーチから暖かな光が溢れだし街を優しく照らします。外壁は左官職人による塗り壁の櫛引き仕上げとなっており、そのテクスチャが建物に柔らかな陰影を加えています。

のびのびと過ごせる中庭

外部からの視線を気にせずに開放的な屋外空間を満喫できる中庭もこの住まいの魅力の一つ。広々としたウッドデッキに腰かけてのんびりと心地の良い時間を過ごすことができます。

大容量収納が嬉しい玄関

こちらは玄関の様子です。シンプルな木製ドアがこの家のナチュラルな雰囲気とマッチしていますね。左手には壁一面床から天井まで収納が造り付けられており、雑多になりがちな玄関周りのものをすっきり納めることができます。

中庭を囲むLDK

家族の集まる場所であるLDKは中庭を囲むようにL字型に配置されています。白とブラウンでまとめられたナチュラルでほっと落ち着く空間に仕上がっています。ソファに腰かければウッドデッキとその先に広がる中庭を望め、屋外空間との一体感を感じることができます。

​ほっと落ち着くリビング

正面にはTV台、その奥には階段が位置し、階段ホールからも自然光が届きます。このように壁の上部をあえて閉じないことで、光や風も届き、空間に広がりも生まれます。

柔らかな光が空間を包む

壁の中からは障子を引き出すことができ、プライバシーを確保しつつも柔らかな光を取り込むことができます。和の要素を効果的に取り入れたナチュラルで落ち着く空間です。

経年変化も楽しめる無垢材のキッチン

オリジナルのキッチンに使用されているのは床にも使用されている無垢のオーク材です。自然素材そのままの温もりと質感を感じられる無垢材は、年を重ねるごとに風合いも増し、生活に馴染んでいきます。

​ゆったりと食事を楽しむダイニング

LDKは一室空間ですが、L字型の平面とすることで各空間が緩やかにゾーニングされています。このスペースのみあえて天井が低く設定されており、家族がゆっくりと落ち着いて食事を楽しむことができる空間となっています。また大きな窓の外に広がる中庭の緑を眺めながらの食事も素敵ですよね。

​広々と明るい洗面脱衣室

明るい色の壁と二つの開口で明るくさわやかな印象の洗面脱衣室。洗面カウンターは机の高さで設定されているため、化粧台として使用することもできます。またこの隣には小さなワークスペースも用意されており、ちょっとした作業をするのに便利な空間となっています。

 房子 by Casas inHAUS

Need help with your home project? Get in touch!

Discover home inspiration!